〒485-0029 愛知県小牧市中央3丁目46番地(小牧インターより車で10分)

営業時間
9:00~20:00

  お気軽にお問合せください  

0568-41-0743

ガラスかポリマーか?

コーティングをお考えの方へ

 現在、コーティングといってもたくさんの銘柄があります。スーパー〇〇 ウルトラ〇〇 いかにも凄そうなネーミングなものまで様々で、選ぶ方としてはいったいどれがいいのかわからなくて迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで簡単に二つの種類に分けて説明し、今の主流である ガラスコーティングの特徴を説明します

コーティングには大きくに分けて2つ、【無機系】【有機系】のものがあります

無機系

無機のものはガラスコーティングといわれるもので現在の主流になっているものです  【ガラス系】と言われるものは有機系に入ります

 特徴として              被膜が有機系に比べて厚く固いので防汚効果と耐久性に優れている          傷を防ぐ効果も高いなどです        

有機系

有機系のものとは一般にワックスやポリマーコーティングといわれるのもなどがそうです                 

特徴として               艶が良く施工性がよい、         施工価格が安い             シリコンやフッ素を含むものもあり撥水性のあるものもあります   

無機系と有機系の大きな違いとは

これまでの有機系のポリマーはその性質上、酸化劣化は避けられないものでした。(塗装ではなくポリマー樹脂そのものの話です)

わかりやすく言うとポリマーそのものが自然分解してしまうのです、高分子ポリマーであるプラスティックが日に当たって変色したりするのと同じです。もちろんすぐにではないですよ、性質上のお話です。

対して無機のガラス被膜は酸化劣化しません。                     ガラスは劣化しませんね。 

これが保証期間がポリマーに比べてながいことの1つの要因です。

もう一つは、塗装へ定着のしかたです。ポリマーは塗装の細かい凸凹に詰まる形で定着するので凸凹が埋まってしまうとそれ以上は定着せず余分な脂分はすぐに流れて行ってしまいます。

専門店以外のところでコーティングしてもらったら最初は綺麗に見えたのに時間がたつと磨きキズで傷だらけだった!なんてことが起こるのもこういう事が原因なのです。 

それに対し、無機ガラスコーティングの定着は凸凹を埋めて膜を作ります。完全に硬化すると固いガラス被膜に変化し分子同士の結合も強固なのでポリマーのように剥がれてしまうことがなく、完全なガラスの膜を作ってしまいます。その膜は非常に硬くポリマーに比べてキズも付きにくくなります。

ほかにも違いはありますが、この2つが大きな違いです

.そしてコーティングと同じくらい重要な事があります。

 それはコーティングをする前の下地処理の【磨き】です

実はこの磨き工程が美しさ長持ちさせるためには非常に重要なのです。

コーティングの仕上がりの美しさはコーティング自体の艶ではなく90%は磨きで決まるのです。

 今までの有機系ポリマーも下地の磨きがしっかりしたものであればお手入れの仕方で艶を保つことができますし、施工料金がガラスコーティングに比べて安いので、短いサイクルで再施工をして綺麗な状態を維持していくという方法もあります。

ご予算やカーライフに合わせて選べるように、当社では両方を取り扱っておりますのでご相談ください。               

下地処理 【磨き】

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0568-41-0743
営業時間
9:00~20:00(不定休)
不在の場合がございますのでお電話の後にご来店ください

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0568-41-0743

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。